ピアニスト 田中理恵
トップページ プロフィール ディスコグラフィー ブログ メール

ピアニスト田中理恵 -のんびりぃ日記-

piano11.exblog.jp

ブログトップ

<   2016年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

山本周弍さん

山本周弍さん。

1991年、8月11日、20歳の時、
慶應大学アメリカンフットボール部練習中に
事故に遭われ、(脳挫傷、急性硬膜下血腫)
その後19年間に及ぶ闘病生活。
多数のフットボーラーに見送られ、2010年11月13日永眠。39歳。

彼の不屈の精神を残すべく書き貯めた日記を
中心に「ぼくは19歳」という詩集が、
出版されています。
c0113713_01110260.jpg

私は周弍さんのお母様と何年か前に出会い、
少し経った頃、この本を頂きました。
泣かずには読めない本ですが、
生きるって素晴らしいと改めて思い、
勇気を頂ける本です。

周弍さんの詩「理想と現実」より、
私が好きな一節。
〜〜
ただ、現実に甘んじて
妥協するっていうのは
現実という台に乗った自分の頭上高くにある
夢や理想を
手の届くところまで下げることだ。
僕は 届かないと思いながらも
飛び上がっては落ち
飛び上がっては落ちているような人間の方がいい。
〜〜

また、先日こちらの本も頂きました。
「少年少女に希望を届ける詩集」
c0113713_01110896.jpg

此方にも、周弍さんの詩が載っていまして、
お母様から、掲載許可を頂きましたので、
今日は、いくつかの詩から、
「いま」という詩をご紹介します。

いま

悩むのはやめよう
過ぎてしまったことだから
時計は元に戻らない
昨日は昨日 今日は今日

悩むのはやめよう
まだ来ぬ先のことだから
時計は急に進まない
明日は明日 今日は今日

今を大事に生きていこう
生きているのは今だから
時計は今を刻んでいる
今は一瞬 今は永遠(とわ)

[PR]

by piano-0531 | 2016-09-27 01:10 | Comments(0)

心の余裕と時間の流れ

10月23日コンサート
c0113713_17065073.jpg


ぶらあぼ掲載↓
c0113713_17065118.jpg

既に沢山の方からお問い合わせを頂きまして
感謝です。
皆様よろしくお願い致します。

本番終えた今日は
両親とお茶できて、
同級生ともランチできて、

子供の習い事もお休みでしたので、
将棋をしたり、一緒にお勉強したり。
c0113713_17065104.jpg


心に余裕があると、
時間の流れも優雅です。

本番だからと、
気を張ることなく
過ごせるように

落ち着いた毎日を心がけていきたいです。

[PR]

by piano-0531 | 2016-09-21 03:00 | Comments(0)

子を想い、母を想う、、

昨日は本番で、また家族の協力も仰ぎ
それなのに納得のいく演奏できず、
悶々とした気持ちでいたのですが、

寝る前に息子から、
もう一回やればいいだけじゃん。
あ、き、ら、め、な、い!
と。励まされました。

そう言えば、去年のコンクールの結果待ちの時も、
多分だめだわ。と弱気な発言をした私に、
本当にダメになるから、そんなこと言ってはダメ!と。

私が普段口にしている言葉かもしれませんが、
頼もしい息子です。

今日も急に積み木で遊び始めたり
c0113713_00452627.jpg

物語を作っては、1人の世界を楽しみ
(一人っ子ならではでしょうか。)
まだまだ子どもらしいのですが、

そんな息子にも、夢中になれる何かに出会ってほしいです。
私にとっての音楽のように。

ちなみに、私と音楽との出会い。
きっかけを作ってくれたのは母でした。

胎教に始まり、
1.2歳の頃には、音楽に合わせて踊る私を見て、
この子音楽が好きなのね。とピアノを習わせてくれたそうです。

私も親としてきっかけを作れるよう、
兆候を見逃さないよう、気をつけていきたいです。

慈悲深く知恵深い私の母には、程遠く、
あまりにも差が開き過ぎていますが、

それでも、母の娘で在ることは誇りです。

母は改めて凄いな。としみじみ。。

子を想い、母を想う今日この頃。。。


[PR]

by piano-0531 | 2016-09-19 23:00 | Comments(0)

大事にしたい時間

c0113713_11290030.jpg


十五夜は、自宅レッスンが長引き、
お団子を作る余裕がありませんでしたが、

生徒さんから可愛く美味しい和菓子を
頂きました。お心遣いに感謝致します。


無月ならではの
ほんのり明るい月夜も風情あり

見えないものを想い、
内なる声に耳を澄ます時間は
心安らぎますね。

静かな時間は
豊かな時間でもあります。


どんな日も、どんな時も、
大事にしたい
時間です。





[PR]

by piano-0531 | 2016-09-15 22:06 | Comments(0)

インプットとアウトプット

おはようございます。
夢中になり、努力し、夢に向かう彼らの姿。
パラリンピックの選手の方々からは、
生きるのではなく生き方が大事と、
改めて教えて頂いているように思います。

そして、いつの日かパラリンピック、オリンピック同時期開催される日を願って止みません。


さて、昨日は、すみだトリフォニー大ホールにて山田和樹指揮、オーケストラアンサンブル金沢の演奏を聴く機会に恵まれました。
ありがとうございます。
c0113713_09362357.jpg

ベートーヴェンの交響曲2番もフォーレのレクイエムも思い出深い大好きな曲でして、
敏感に反応する脳に、そうよね、でも、貴方は勉強する身。冷静に。と自分自身葛藤しながら。。。

また、山田和樹さんの指揮、まさに冷静と情熱の間で、この揺れ幅が長く濃く時に大胆しかし綿密で毎回脱帽、
いつ聴いても感動を与えてくださります。

フォーレのレクイエムのバリトンソロ、
与那城敬さんの素晴らしい声に負けない真摯な音楽表現にも、引き込まれました。

生身の人間の魂や生命の息吹など
間近で感じ、こみ上げてくる何かは?何に反応?何故?と、分析し、
インプットしたこれらを帰宅後練習でアウトプット致しました。

今日も何かしらお役に立てるよう
お仕事してまいります。

それでは、皆様も、素敵な1日をお過ごしくださいませ。






[PR]

by piano-0531 | 2016-09-12 09:00 | Comments(0)

悔しくも、嬉しくも。

昨日は向井先生のレッスンでした。

先生の素晴らしすぎるレッスンを受けても、
自主練習ではいつの間にか勘違いの解釈、
その上その事に気付かず、
曲の素晴らしさに負けた表現になっていることもあり、

人としても演奏者としても
謙虚さを保ていない表れであり恥ずかしく悔しく、
また作曲家や先生にに対しても申し訳ない気持ちになります。

先生に学べる嬉しさと、
まだまだ修行が足りていない、
先生が教えてくださるその領域へはまだいけていない悔しさ。

そんな思いが重なり初めてレッスンで
泣きそうになりましたが、
勿論泣いている余裕はないので堪えました。

次回のレッスンでは一歩先に進めるよう、
この悔しさを練習に活かしたいです。

また、私も指導者として、生徒其々に必要なことを伝えられるよう、良い道へ導けるよう、またその時間が充実したものなるよう努めていきたいと改めて思いました。

それでは皆様。
今日も1日、穏やかで爽やかに過ごせますように。

私もお仕事行ってまいります!





[PR]

by piano-0531 | 2016-09-09 10:00 | Comments(0)

感謝

今日はフリーでしたので、
先生の御宅で1日練習させていただきました。
よくして頂いた分、
何かで返したいのに、
結局、至れり尽くせり。。

また、天国にいる先生にレッスンしていただいたピアノで練習できる、それは練習以上の時間で、
色々な想い出が蘇ります。

想い出は、私にとっては、
今や未来と同じくらい大事なもの。

想い出=記憶を残せること=人間に生まれてよかったと思う1つでもあります。

c0113713_10071301.jpg

私もいつか先生夫妻のような先生になれるように成長していきたいです。

先生のご家族、応援してくださる方々、
サポートしてくださる方々、
身体を気遣ってくださる方まで、
いつも感謝していますが、
改めて、心から感謝して、道を邁進していきたいです。
この場を借りて、ありがとうございます。



[PR]

by piano-0531 | 2016-09-06 22:30 | Comments(0)