ピアニスト 田中理恵
トップページ プロフィール ディスコグラフィー ブログ メール

ピアニスト田中理恵 -のんびりぃ日記-

piano11.exblog.jp

ブログトップ

<   2015年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

気付きと学びの機会を神様に与えて頂いたこと

皆様こんばんは。一ヶ月のステロイド服用、
ようやく終えることができました。
退院後は体調があまり良くなくて、
肩や背中の痺れも毎日あり、(おかげで、
息子は荷物を持つのを手伝ってくれるようになりました。時に、袋の中身は卵。。
そして。持った手をなぜか離してしまい。。
卵は…>_<…でも、大丈夫。
夕食はチャーハンに^_−☆
酷い時は震える程でしたが、
ステロイドが終わったからでしょうか。
早く寝るようにしたからでしょうか。
昨日今日と痺れの回数も減り体調も良いです。
心身支えてくださったみなさま、
本当にありがとうございました。
今回の出来事により、家族、友人、
沢山の人に心配をかけてしまい
また、身体の面では今も痺れなどあり、勿論
マイナスではあるけれど、それよりも、
今回の病気によって、気付きと学びの機会を
神様に与えて頂けたと思っています。
普段滅多に薬を飲まない自分が、
年末まで風邪を長引かせたくないから。
と、一時間半悩んだ末に、飲んだ自分の選択が運命だと思います。日々選択に迫られ、
しかも私は日々反省の連続ですが、それでも、
試行錯誤しながら、正解を見つけ、
昨日より、今日、今日より明日って。
生き急がずに。ゆっくり生きていきたいです。
それでは皆様。素敵な夢がみれますように。
おやすみなさい。





[PR]

by piano-0531 | 2015-01-28 11:35 | Comments(0)

ショパンコンクールインアジア 全国〜アジア

c0113713_00342593.jpg
こんばんは。退院から5日。
体力も少しずつ回復してまいりました。
入院当初、唇の腫れ爛れの後、目に症状が出てきた為、友人や仕事先からきたメールに対応できないと判断し、とった手段が、一括連絡的にこちらのブログで書いたのですが、心配させてしまったようで今更ですが反省しております。
入院中は普段の生活では追われていてできていなかった(息子にお手紙書いたり、喜びそうなものを作ったりして)幸せな時間を過ごしていました。)そして夜は寝付けないので楽譜や録音、フィンガーボードのお世話になり指の感覚が衰えないようにしていました。
主治医には練習できないのだから本番は諦めてくださいと言われながらも諦めきれない自分がいて。
そしていよいよ退院の7日はショパンコンクールインアジアの全国大会。
唯一反対されたら出るのを辞めようと思っていた家族は出ることに賛同してくれて。
家族以外には尽く反対されましたが、入院してから、今日という一瞬一瞬を大事に生きていく事の素晴らしさを学んでいたので、出ないで後悔はしたくない。それに全国大会の参加費も、みなとみらいホールで弾ける機会も無駄にしたくない。と、弾いてきました。
体力保たない自分には有難いカットがあり、運良く通過でき、9日のアジア大会へ。
しかし9日はカットがない上、体調が優れず、身体や指の震え、痺れが酷く、でもその中で精一杯弾いてきました。結果は努力賞。賞としては、去年の奨励賞より落ちたけれど、去年以上の学びを得ました。演奏としては音が出てなくて我ながら痛々しくて聴けないものでしたので悔しさはあるけれど、悔いはないです。
長くなりましたが応援してくださっている方には、伝えたいと思い書かせて頂きましたこと、どうかご理解頂けましたら嬉しいです。
沢山の愛と協力と支えに感謝して。
これからも成長していきたいと思います。これからも皆様よろしくお願い致します。おやすみなさいませ。

[PR]

by piano-0531 | 2015-01-12 01:58 | ブログ | Comments(0)

退院致しました


c0113713_11414884.jpg
お医者様の早期、的確治療、そして、
家族、両親、妹、親戚、友人、本当に沢山の方に助けられ、本日退院することができました。
皆様本当にありがとうございました!
皆様からして頂いたこと、
入院中に感じ学んだ様々なことを胸に
また今日から過ごしてまいります。
病状も、左目が以前より少々ぼやけるのですが、眼鏡をかけると改善される為、視力としての問題はないですし、唇も生検跡以外は
きれいになりました。
最初目が開けなかったときも、私目が見えなくなっても、こういう経験できて良かったなんて思ってましたが、
今はこうして、目が見えることは、やはり、幸せだし、見える今に感謝しています。
人間万事塞翁が馬の如く、
人の禍福はそう単純に判断できるものではないことも学びました。
幸、不幸に、一喜一憂せず、前向きに
これからも生きていきたいです。
長くなりましたが、
支えてくださった皆様に心から感謝し、
また、自分も助けていただいた分、何かで返していきたいと思います。
皆様、沢山支えてくださりありがとうございました。これからもよろしくお願い申し上げます

[PR]

by piano-0531 | 2015-01-07 10:40 | Comments(0)