ピアニスト 田中理恵
トップページ プロフィール ディスコグラフィー ブログ メール

ピアニスト田中理恵 -のんびりぃ日記-

piano11.exblog.jp

ブログトップ

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

心配してくださった皆様へ

c0113713_19025722.jpg
皆様。沢山の励ましとご助言と愛情とお心遣いをいただきましてありがとうございました。
家族や友人にしていただいたことはずっとこの先も忘れないです。
何らかの形で返していきたいと思います。
病状も、先生方の迅速な治療のおかげで、日に日に良くなり、唇の腫れはひき、あとは視力回復待つのみです。
昨晩には、一泊外泊許可を頂き、久しぶりの我が家へ戻ることができました。
何でもない家族との時間が幸せで、ひとりになった今も愛に包まれています。
いつもある時には気付けなかった、
また離れ離れになって得た絆など、今回の出来事によって得た沢山の学びに、心から感謝しております。
退院は6日か7日になるようです。
助けて頂いた皆様。この場を借りてお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

[PR]

by piano-0531 | 2014-12-31 18:00 | ブログ | Comments(0)

抗生物質 スティーブンスジョンソン症候群

皆様こんにちは。年末のお忙しい時に迷いましたが、こちらでお伝えさせてくださいませ。
実は23日に服用した抗生物質二錠により、軽度のスティーブンスジョンソン症候群にかかり、自宅近くの大学病院へ緊急入院しております。
息子と離れることがこんなに辛く、考えることは、元気にしてるかな。栄養とれてるかな。歯を磨いたかな。そんなことばかり。親だから当たり前ですが
それは、息子には何の癒しにもならないかな。。ちょっと反省した母は、息子にちょっとしたものを作ってみました。少しでも寂しさ紛れてくれたらいいな。
今の病状は、日に日に良くはなってはいるもの、手は痺れ、唇は腫れ、目は開いてきたもの、視界はぼやけ、味覚も戻らずの状態です。
今まで生きてきた道は人にも恵まれ助けられ、感謝の気持ちは人一倍。
でもいつも元気で痛みを知らなくて、思い通りに、運良く生きてきたように思います。
まだまだもっと色々な思い、経験をされてる方がいることを思うと、
口は開けませんがそれでも、
こういう状況を少しでも経験することが出来た事は、私にとって必要な事でした。心から感謝しています。
最初はアナフィラキーショックかと思いましたが、一向に良くならず、告げられた病名はスティーブンスジョンソン症候群。
聞いたことのない病名に
右往左往しましたが、今は心身共に落ち着きを取り戻し、日々回復に向かっているようです!
退院は年始を目処に、お仕事関係の皆様にはご迷惑かからない事と思いますのでどうかご安心下さいませ。
それでは皆々様におかれましては、
素敵な年末年始をお過ごしになられますよう、心よりお祈り申し上げます。


[PR]

by piano-0531 | 2014-12-26 17:25 | ブログ | Comments(0)

子供向けコンサート

昨日は、麻紀ちゃん、准ちゃんと本番でした!
子犬のワルツ、チャールダーシュ、ローズプレイヤー、妖怪ウォッチ、アナ雪など。
精いっぱい身体と心で感じて歌ってくれる姿は、愛おしく、何より嬉しかったです!
c0113713_03144684.jpg
c0113713_03151011.jpg
c0113713_03153045.jpg

[PR]

by piano-0531 | 2014-12-22 03:11 | Comments(0)

シュベスターピアノ

おはようございます。
寒い朝も心の有り様で
清々しく、気持ちよく感じられたりするものですから。
心の在り方って大事ですね。

恒常的に
遥かな奥にある光を感じて。

最近ブログの更新、滞っておりましたが、少し書かせていただきたいと
思います。

先日、エスプレシーボ代表の大久保さんとエスピー楽器製作所へ。
シュベスターというピアノを国内で手作りしている会社です。

あたたかくて気さくで面白くて好奇心旺盛な社長と奥様
c0113713_17375924.jpg

職人である社長の作られたピアノ。
あたたかい音がしました。

c0113713_17394484.jpg
c0113713_17400690.jpg

社長のご厚意に甘えさせていただき。
c0113713_17404671.jpg

c0113713_17411456.jpg
地のものは美味しいですね。
ご馳走さまでした。
ちなみに、こちらのシュベスターピアノ(職人さん製作中)
c0113713_17414922.jpg

何処かで...と思ったら、大学生の時、
とあるレストランに入っていたピアノでした。
演奏させていただいた際に、なんとも言えぬあたたかさと深い音色を気に入って。ちなみにこの時はドイツ製と思いこんでいました(-_^)

そして今回弾かせて頂く中で
思い出した音色、
そして知ったまさかの日本製。
しかし、喜びも束の間、大久保さん曰く
日本のピアノ製造は危機的状況にあると。
今の時代に背いているかもしれませんが、ほとんどのものが機械化された今こそ、若い職人さんたちの手によって、
次世代も受け継がれていくことを
願いたいと思います。

出会いは素敵。
出会いに感謝です。012.gif


[PR]

by piano-0531 | 2014-12-13 07:59 | ブログ | Comments(0)