ピアニスト 田中理恵
トップページ プロフィール ディスコグラフィー ブログ メール

ピアニスト田中理恵 -のんびりぃ日記-

piano11.exblog.jp

ブログトップ

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

蝉の生き方

c0113713_19444644.jpg

こんにちは。
最近は本番に音高の評議委員の集まりに、楽友三田会での伴奏に、ある御方を偲ぶ会での演奏、
生徒、自分のレッスン...と、
目まぐるしくも充実した毎日を送らせて頂いてましたが、

昨日嬉しいことがありました。
合唱団を心筋梗塞のため休まれていた8○歳sさん復活!お会いできました。

初めての病気でした。
とのお言葉に驚きましたが、
何より彼女の気力と前向きな姿勢は素晴らしいです。

自分がおばさんと思ったらおばさん。
自分がおばあさんと思ったらおばあさん。

年相応な考え方も必要ですが気持ちはいつまでも若々しく...

と思いますが、
sさんおばあさんと思ったこと一度もないそうです。

気持ちって何より大事なものですね。
また、練習ではいつもに増した、
集中力と感性で応えてくださった団員の方々。

高田三郎さんの心の四季より、流れを勉強してますが、

この曲に出会って10年。皆様のおかげでこの曲を少しわかることができました。

そういう意味でも、
年を重ねるって素晴らしい。
10年ってすごいです。

見えなかったものが
見えるようになる。

若さも勿論素晴らしいですが、

若さよりずっと素晴しいものですね。

こういう感覚を持てるようになったのもきっと
音楽と出会った人たちのおかげです。
本当に本当に感謝です。

暗い土の中で3〜17年もの長い間暮らし、
外での生活は長くて1ヶ月の蝉さん。
可愛そうに思ってましたが、
蝉の大事な時間は土の中にあると思うと、
こんなふうに生きることも素敵ですね。
準備を大事に。蝉さんを見習いたいです。

長くなりましたが、読んでくださった皆様、ありがとうございました。
[PR]

by piano-0531 | 2013-07-20 13:13 | ブログ | Comments(0)

言葉

c0113713_422967.jpg

c0113713_422971.jpg

c0113713_422977.jpg

c0113713_422959.jpg

言葉が発達し
複雑な感情を持つ私たち

時に言葉のない生き物から
癒されますF9C6.gif

とある日曜日の光景でした。

おやすみなさい♪
[PR]

by piano-0531 | 2013-07-07 04:22 | ブログ | Comments(0)

愛そして風

偉佐男先生、伊知郎さん、成田さん、ゆかちゃんと
文子先生のお墓参りに
伺わせていただきました。

先生のことを語りあい、
先生のことを一緒に思い出せる時間は、
本当に素晴らしい時間でした。
ありがとうございました

文子先生は雨が好きで。
雨の音が好きで、
なので、雨が降ると先生のことを
思い出します。

天に召されたあの日も、
大勢のひとに見守られ行われた
イグナチオ教会での式も
雨でした

文子先生のことが、
こんなにも忘れられないのは
先生の愛が普通の大きさではなかったから。揺れ幅も大きく身に染みる思い出と。

吉野弘さんの詞を詠んでいると、そう思います。

愛そして風

愛の疾風に 吹かれたひとは
愛がはるかに 遠退いた後も
ざわめいている
揺れている

風に吹かれて
枯葦がそよぐ

風が去れば
素直に静まる
ひとだけが

過ぎた昔の
愛の疾風に
幾度となく吹かれてざわめき
唱いやめない 思い出を



おやすみなさい。
[PR]

by piano-0531 | 2013-07-05 03:11 | ブログ | Comments(0)