ピアニスト 田中理恵
トップページ プロフィール ディスコグラフィー ブログ メール

ピアニスト田中理恵 -のんびりぃ日記-

piano11.exblog.jp

ブログトップ

<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

お誕生日〜横浜うかい亭〜

c0113713_17561418.jpg

写真は院長先生と中野さんと私。

今日はお誕生日でした☆
朝起きた時からすごく満たされていて
ママが一生懸命産んで育ててくれたこと、
パパが一生懸命働いてくれたこと、
自分という人間が存在していること

全てにありがとうの気持ちでいっぱいになりました。
こんなふうにいっぱい感じたお誕生日は産まれて初めてです。

朝のクラシックは河村尚子さん。
シューマンのクライスレリアーナを聴いて
それから、リストにラヴェルにモーツァルトを弾いて、横浜うかい亭へ。

土曜日のの打ち合わせもあり今回は参加させて頂くことに。
院長いつもありがとうございます。

また院長が28日にお誕生日でしたのに、まだ御祝いできてなかったので、
院長大好きなカサブランカを送ることに。
お誕生日の日にこうして誰かを思い花を贈る。
今まではお誕生日と言えば
おめでとう!ありがとう。という次元にありましたが、
これからは、今いる自分と
今ある環境を見つめ直し
お世話になっている人たちに感謝をする日にしたいと思います。

年のわりに色々なことを思うのが遅くて、でも、感じれた時からなにかが始まれば、
それはそれかな。
と、最近思います。楽観的過ぎ?かしら。

うかい亭では、院長先生、かなえ先生、中野さん、ゆかさん、あやみさん、
とご一緒させて頂き、美味しいお料理とワインを堪能させて頂きました。

デザートのヨーグルトのスフレもふわふわで幸せ〜と感じていると、

ホールケーキのサプライズ。
2つのプレートには院長先生とりえちゃんの文字。

本当にここまでしていただき安木さん、料理長、本当にありがとうございました。

夜頂くのが楽しみです。

1日1日を大切に、
この1年在りたい自分を明確に過ごしたいと思います。
まずは数日後に控えたうかいでの演奏しっかり頑張ります!

幸せが逃げないよう努力を忘れずにね♪というママの言葉を胸に刻んで。

本当にありがとうございました。
[PR]

by piano-0531 | 2012-05-31 17:56 | ブログ | Comments(2)

エルガーハウス

今日は目黒エルガーハウスでモーツァルトやハイドンをヴァイオリンの美幸さんと弾いてきました。

いま、モーツァルトのピアノソナタを練習しているので、
今日のモーツァルトのヴァイオリンソナタは本当に勉強になりました。
高校時代、大学時代と
モーツァルトのヴァイオリンソナタは沢山伴奏しましたが、
やはり弦のボーイングについてはわかっているようで、わかってなくて、

やはりソロをちゃんと勉強してから、伴奏をするべきだったな。
と思いました。

クラシックが基礎にあるジャズピアニスト(上原ひろみさんや山下洋介さん)

最初からジャズピアニスト(わからないですが)とでも言いましょうか。
言葉って難しく、誤解があるといけませんが、

やはり基礎が大事だな〜って
思います。

でも、人生は一度きりだし、
私のまわりの方々もいくつになっても、チャレンジし、輝かしい人生を送ってらっしゃるので、

私も遅ればせながら頑張りたいです!

話は戻り、エルガーハウス。
一時休館とのこと。

残念...


ですが、新たに恵比寿にオープンするようです。

今日も目黒駅から大崎方面へ向かう花房通りを歩きながら

このエルガーハウスへ向かう道も含めて、素敵な場所〜と癒されてましたので、
残念な気持ちもありますが、

9月オープンのメゾン・エメ・ヴィメールを楽しみにしたいと思います。
夕食は久しぶりに親友達とハイアットリージェンシーでディナー。
けいこ様、Niceselectありがとうございました。

本当に楽しい時間を過ごさせて頂きました。感謝です。

おやすみなさい☆
[PR]

by piano-0531 | 2012-05-27 23:56 | ブログ | Comments(2)

楽友三田会

今日は...ではなく、昨日ですね、楽友三田会の伴奏をしてきました♪
ありがとうございました。

場所は多摩市民館。
冷房は6月からとのことで
歌われている方々、指揮者の方々
暑かったでしょう。
お疲れさまでございました。

でもみんなでひとつの音楽をつくりあげることに集中して、

とてもいい時間を過ごすことができたように思います。

冷房はあれば使ってしまうのでしょうが、
体を冷やしてしまいますしね、

これから節電の意味も兼ねて、ほどほどにする方が良さそうですね、

便利って本当に良し悪しだな〜と思います。

ブラームスのレクイエムと上田真樹さんの鎮魂の賦。
山神先生、日高さんの指揮で

沢山音楽しました。
そして沢山お勉強させて頂きました。

音楽っていいな☆
改めて思いました。

帰宅後は明日エルガーハウスで弾くバッハのフランス組曲をさらって...

さすがに眠くなってきました。
おやすみなさい☆
[PR]

by piano-0531 | 2012-05-27 00:59 | ブログ | Comments(0)

院長先生

今日は院長先生からうかい亭のランチに誘って頂きましたが、
ぐっとこらえて、
おうちでモーツァルト練習。

いま院長先生に気持ち伝えたら
全て察してくれていて

電話切った瞬間涙がでました。

院長の懐の深さと情の熱さと人の気持ちを察する心は人一倍で、

だから、院長先生のまわりには先生のこと支えたいっていう人がいっぱい。

私もそのひとりです。

その為にも、いい演奏できるように、
早くなりたいです。

それでは、がんばります!

今日は暑くなりそうですね。
お帽子や日傘など忘れずにお出掛けくださいませ。
素敵な1日になりますように☆
[PR]

by piano-0531 | 2012-05-24 10:22 | ブログ | Comments(0)

狩をするのは男性ですが女性も...

こんばんは♪
今日は向井先生のレッスンへ行ってきました。
向井先生は小学校時代の先生でして、ほぼ毎月海外で演奏会をされていて、
なので例えも日本的でなくて、本当に面白くて楽しいレッスンでした。
多方面から教えてくださり、ありがとうございました。
見ていただいたのはモーツァルト。ピアノソナタkv. 576。
狩の曲で
狩をするのは男性ですが、女性もドレスを着て横向きに座り、
狩に連れていってもらうようです。

男性が狩をしている間、女性は絹の大きな絨毯の上で、
本を読んだり、刺繍をしたり。

素敵ですね。

モーツァルトは本当に美しいです。
もっともっと練習して、スマートで優雅なモーツァルトを目指したいです。

まだまだ書き記したいことありましたが、眠くなってきてしまいました...
(バーン飲んだのに..。最近飲み過ぎて効かなくなってしまったかしら?!)

おやすみなさい☆
[PR]

by piano-0531 | 2012-05-23 00:44 | ブログ | Comments(0)

NOAコンサートを聴きに

昨日は中島良史先生のお義兄様が代表取締役を努められている
システムヤマトのNOAコンサートを聴きに新宿文化センター大ホールへ。
指揮は中島良史先生。
オーケストラは素晴らしい若手大集合のNOAオーケストラ
N響の松本健司さんや今をときめく周防亮介くんの名前も。
コンマスは九響コンマス近藤薫さん。

お客様は先生の関係者もきっと多くて、
本当に温かいコンサートでした。

印象的だったのはとにかくソリストやオーケストラの方を立てられ、
舞台を後にするときは少し小走りをされていた先生。

舞台の姿って、姿だけでも、ちゃんとその人を表すこと
改めて感じました。

またソリストの松本和将さん。素晴らしかった〜。

曲はラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲Op.43

あの、有名なピアノソロの
ン、ラ〜ファソラレ〜はたまらなく大好きなモチーフですが、
松本さんの演奏からは嵐のあとにやってきた静かで穏やかな森の朝のような。
それがまた胸に沁みました。

後半はドヴォルザーク八番。
三楽章はヤマハの専門コース時代、エレクトーンで演奏した曲。

チャイコフスキーの弦楽セレナーデと共に鮮明に覚えている曲で、
それもグループの先生が、パートごとに手書き、切り貼りしてくださった楽譜で、
今思うと本当に凄いことです。先生の御尽力に改めて感謝です。

アンコールはこれまた思い出深いヤングプラハの音楽祭で歌ったスメタナの子守唄。

弦楽の美しい音色とプラハでの素晴らしい体験が重なって
涙がでました。

昔、物より思い出。というコマーシャルがありましたが、
本当にそう思います。
物ってその時は満たされるけれど、深いものではない。
でもその物も思い出が重なるとまた違うものになりますね。

文子先生に連れていって頂いたウィーンで着ていたダウンやワンピース。
坂本先生が倒れられる少し前、ご夫妻、ご家族様と
八ヶ岳の山荘でご一緒させて頂いたときのワンピース。

思い出が染み込み特別なものへ。
これらを着るとその時の記憶が蘇り幸せな気持ちになります。

....といつものことながら、
長々とすみません。
読んでくださった方へ。
ありがとうございました。

それでは!練習してきます!
[PR]

by piano-0531 | 2012-05-19 18:42 | ブログ | Comments(2)

行者にんにく

c0113713_2542075.jpg

c0113713_2542079.jpg

こんばんは♪
今日のお日さまは眩しかったですね、
でも夕方になると、私まだまだお空に
いたいわ〜と優しい声

お部屋に優しい明かりを差してくれていました。

今日は落ち着いた1日が過ごせたように思います。
何より半日練習出来たので嬉しかったです☆☆

そして頂いたお肉がちょうど解凍されて食べ頃でしたので、
(i先生、ありがとうございました。)
行者にんにく醤油(行者にんにくをみじん切りにして炒め醤油と合わせたもの)で頂きました。

お豆腐にかけたら、これまた相性最高で、
今日は大活躍でした。

でも行者にんにく
あまりお見かけしないですよね。
私はわらびやぜんまいと一緒に買えたのですが、
こんなに万能な山菜だったとは(^.^)
驚きました。

ただ、匂いが...
にんにくだから仕方ないですね。

おやすみなさい☆☆
[PR]

by piano-0531 | 2012-05-18 02:54 | ブログ | Comments(0)

あなたとわたしと花たちと

5月の花が咲いたら
旅に出掛けましょう。
あなたとわたしと花たちと
やさしくふれあいながら

5月の風が吹いたら
旅に出掛けましょう
あなたとわたしと風たちと
やさしく確かめあって

眩しそうな若葉です
さざめくような街です
線路は空へと続きます
5月はあなたの瞳です

5月の歌を歌って
旅に出掛けましょう
あなたとわたしと歌たちと

やさしく愛をこめながら



つい、口ずさんでしまいます。
今日のような日は
本当に素敵な曲。
小林秀雄さんのあなたとわたしと花たちと

今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。
わたしはレッスン行ってきます!
[PR]

by piano-0531 | 2012-05-08 11:12 | ブログ | Comments(0)

高尾茂治先生退館パーティ

昨日は高校、大学時代の師匠、高尾茂治先生の退館パーティへ♪

本当に素晴らしいパーティでした。

幹事の方々、本当にお疲れさまでございました。

先生は終始笑顔で
でも、お話される内容はいつも真面目で、減7についてでしたり、

ショパンの演奏解釈でしたり、

音楽家があるべき姿でしたり、

本当に色々と勉強になりました。

先生とこんなに沢山お話できたのは初めてでした。

後輩、同級生、先輩とも久しぶりにお会いできて嬉しかったです。

高校時代にお世話になりました
作曲の小山和彦先生
大学時代にお世話になりました
今村能先生や
ポーランド在住の栗原みほさん、

コレペティ、伴奏者としてご活躍の、渕上千里先生や遊間郁子先生にもお会いできまして、

色々な深い話ができまして

本当に勉強になりました。

一次会二次会三次会と素敵なお時間を過ごさせて頂きまして

音楽についてまた新たな方面から考えることができました。

音楽は深い。
今日はこれからマーマーコールです!

昨日感じたことを皆様にも音楽を通してお伝えできたらいいな!
[PR]

by piano-0531 | 2012-05-07 09:15 | ブログ | Comments(0)

ピアニストの脳を科学する、そして坂本先生の納骨式

c0113713_23435393.jpg

久しぶりの日記☆
私の方はピアノピアノの毎日でした。
そして先週末私にとって大事な本番がありました。
このような機会を頂きましたことに
また関わってくださった素晴らしい方々、
本当にありがとうございました。

その際に、菅野先生が仰有られた
テクニックは、指より脳が関係あるという言葉が頭から離れず。

確かに先生に誉めていただいたベートーヴェンの二楽章の最後は、
指と脳が仲良くでき、
坂本先生が天におられる様子が鮮明に脳で描かれ

坂本先生と見えない世界で対話させて頂きました。

反対に力の入ったショパンは指、指、指、指ばかりに頭がいってしまった。
ミスをしてはいけない!
この一心から力が入り、結果音が固くなっていた。

そして、Amazonで注文した
ピアニストの脳を科学する
という興味深い本

面白くてすらすら読めました。
なぜピアニストは指が早く動くのか、
ピアノの練習は脳をどう変化させるか
ピアニストの脳内、こと細かく書かれています。

読めば読むほど、
まだまだピアニストになれてない!
現実を突きつけられます。

でもピアノは本当に奥深いです。
そんなピアノをこうして極めているのですから幸せなことです。

いまは少し手と腰を痛めてしまっているので、
本にも書かれていた
イメージトレーニングを中心に頑張りたいと思います。
また本番の翌日は坂本先生の納骨式がありました。

家族でもないわたしに声をかけてくださった奥さまはじめ御家族の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に幸せでした。

生きるということは
先生(目に見えない)を感じること
そして先生(から学んだこと)を
想い続けること
目に見えないものこそ真実ということがより強く感じられました。
先生に出逢えたことに感謝して
先生に出逢えた意味を理解して
生きることが生きること
人間ならではの恩と意思を胸に
これからまた生きていきたいです。
[PR]

by piano-0531 | 2012-05-02 23:43 | ブログ | Comments(0)