ピアニスト 田中理恵
トップページ プロフィール ディスコグラフィー ブログ メール

ピアニスト田中理恵 -のんびりぃ日記-

piano11.exblog.jp

ブログトップ

<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

salone fontana

c0113713_9321778.jpg


おはようございます。

もうすぐ春ですね♪
広い芝生の上で
春の風を感じながら身体いっぱいお日様を浴びたいですね。
桜も待ち遠しい限りです。

土曜はソプラノの洵ちゃんと一緒にコンサートでした♪

会場は成城学園前Salone Fontana
ピアノはベーゼンドルファーで
空間も響きも素晴らしいサロンでした。
後輩で主宰者の裕子ちゃん、素晴らしい企画をありがとう!

乳幼児にとっての、音楽を聴ける機会(コンサート)がないけれど、この時期が大切だから。
裕子の想いはみんなに届いて会場は0歳〜6歳までの親子連れでいっぱい。満席でした。

現に子供向けのものよりも
初めて耳にしたオペラの方が
子供たち真剣に静かに聴いていて本当にびっくりしました。

また産まれながらに難聴で補聴器をつけている子供たちも

裕子の関係でいらしていて

会場を後にするとき、満面の笑みでハイタッチを求めてくれて、
本当に嬉しかった。

音楽の力で治ることを願い、
これからも力になりたいです。

本番後は学院でレッスン。

長い1日でしたが、
お会いしたたくさんの方々の優しさに癒された1日でもありました。
思い返すだけでも、洵ちゃん、しまちゃん、裕子ちゃん、智恵子先生、えり先生、まいこさん、ひなちゃん、ひなちゃんのおばあちゃま。

改めて本当に色々な方に支えられ、交わり、生きていることを感じると共に
私も何かしらの形で返していきたいと思いました。

特に犠牲を伴う優しさは私も見習いたいです。
[PR]

by piano-0531 | 2012-03-26 09:32 | ブログ | Comments(0)

JTアートホール

c0113713_1195337.jpg

c0113713_1195311.jpg

今日も沢山の方々にいらして頂きまして、本当に本当に、ありがとうございました。
岡田さん、森山さん、林さん、江原さん、安部さん、宮川さん、高山さん、下川さん、津原さん、土屋さん、戸島さん、桑原さん、松本さん、玉井さん、大内さん、竹内さん、中野さん、釘本さん、福島さん、こっちゃん、いっちゃん、まいちゃん、みーちゃん、パパ、ママ...
本当に遠くからいつもありがとうございます。

演奏後は解放感もなく、ただひたすら反省。

でも終演後、皆様ひとりひとりにお会いして
涙が出たとか今までで一番よかったとか、伝わったとか、目キラキラさせてお話してくださり、
本当に嬉しかった!
思い出すだけで幸せです。

というわけで、
今日の演奏は全く納得いかなくて、全然だめだけど、
でも、
いまできる精一杯の表現はできた!
です。
悔しさはないと言ったら嘘になります。
でも悔しさがあるとしたら、
まだまだ足りぬ実力についてです。練習あるのみ。

これからがんばります!

引き続き、温かく見守って頂けましたら、嬉しいです(^^)v
どうかよろしくお願いいたします♪

理恵
[PR]

by piano-0531 | 2012-03-21 01:19 | ブログ | Comments(0)

菅野先生のリサイタルそして宇野淑子さんのお誕生日パーティー

c0113713_239464.jpg

c0113713_239467.jpg

今日は菅野先生のリサイタルが白寿ホールでありまして伺わせて頂きましたが、ドビュッシーにラフマニノフにデュティユー、先生の音の多彩さを改めて感じました。
また、ちらしには記載のなかったベートーヴェンピアノソナタ31番も弾いてくださり、フーガの緻密さにクライマックスの壮大さなど、
また勉強になりました。
特に印象深いのはアンコールのショパンノクターン遺作。
あの音色は先生ならではのもので
素晴らしくて、
やはり先生には沢山ショパン弾いて頂きたいな〜(リストも!)と勝手に思いました。

でも、先生はやはり凄かったです。

それから、夜は宇野淑子さんのお誕生日パーティーへ

宇野さん、TBSアナウンサーの外山恵理さん、堀井美佳さんの朗読に合わせた音楽隊として
フルート智恵子先生とパーカッションの遠藤先生と参加させて頂きました。
曲も久しぶりに作らせて頂き、宮沢賢治の無声慟哭や双子の星やよだかの星とコラボレーション。
間やテンポ、入るタイミングといったセンスが問われましたが、
難しかった!そして緊張しました!

原稿頂いたのが先週の日曜で
2日で曲作って合わせして本番という....
時間的にはハードでしたが素敵な時間を過ごせました。
何より無事終わってほっとしています。
改めて作曲家の方は凄いな〜心から尊敬致しました。

そしてプロの方の朗読は凄かったです。
宇野さんの詠まれたよだかの星。
最後よだかが飛んでいくあたりは
ほろっときました。
その情景が目に浮かぶようでした。

そして皆様言葉を大切にされていました。

私も音を大切にしたい。と改めて思いました。

おやすみなさい♪
[PR]

by piano-0531 | 2012-03-19 02:39 | ブログ | Comments(0)

-

c0113713_0411432.jpg

c0113713_0411489.jpg

c0113713_0411488.jpg

昨日から実家へ♪
のんびりしております。
家事から解放され脱現実生活。

今日は楽友三田会の伴奏がありましたので東京へ、
電車に揺られながら
ゆっくり一人本を読み、
やはり普段できないことは格別の幸せを感じます。

三田会の後は自宅に戻り練習。
今日も新たな発見がありました。
きっと三田会でひだかさんの音楽に、皆様の奏でる音楽に、
触発、影響を受けたのだと思います。ありがとうございました。

最高の時間を過ごし、
実家に到着。

パパ、ママ、ありがとうございました。

また、私の感じるベートーヴェンピアノソナタ32番、
そして青木やよひさんの
ベートーヴェン不滅の恋人の探求
を参考に書き留めましたので、
当日までにお会いできない方々は
読んで頂けますと嬉しいです。
(誤字脱字も酷いですが...例えば孤立を間違え独立に、凡人が丹人に、どうかお許しくださいね)
お会いできます方々には、
殴り書きで申し訳ありませんが、
お渡しいたします。

今日は寒かったですね。
暖かくしておやすみなさい。
素敵な夢を見れますように☆
[PR]

by piano-0531 | 2012-03-18 00:41 | ブログ | Comments(0)

KEYUKAに赤坂 藤...味覚と聴覚...

c0113713_23533424.jpg

夕食は一人でしたので最短で済ませる為
KEYUKAのチョコレートケーキを頂きピアノに向かいましたら

脳も耳も冴えてくれまして、
最高の時間を過ごせました。

堀井さん、ありがとうございました!

今は休憩中。
お土産のお鮨を頂き、お茶を飲み、
ほっと一息つきながらも

心は、頭は
ベートーヴェン、ベートーヴェン。

これからは二楽章のアナリーゼ!
もう少しがんばります☆

今できることをしっかりがんばって
今の、演奏を、背伸びすることなく表現したいです。
[PR]

by piano-0531 | 2012-03-14 23:53 | ブログ | Comments(0)

ベートーヴェン ピアノソナタ32番 J T アートホール

c0113713_285817.jpg

本番のお知らせ

3月20日(祝)13時30分開演
J T アートホール

地下鉄銀座線 虎ノ門3番出口より徒歩4分

ちなみにちらしにはベートーヴェンピアノソナタ30番とありますが
坂本先生の追悼演奏も込めて
ベートーヴェンのピアノソナタ32番に変更致しまして演奏させて頂きます。
(ベートーヴェン最後のピアノソナタです。)

ハイリゲンシュタットの遺書から約20年経った1821年から22年に書かれました。
真実とは何か?

悲惨な人生を耐え忍び

世間嫌いの変わり者と誤解される中

命つきるまで使命を全うしたベートーヴェン

この曲は
1楽章では苦しみ、葛藤、自問自答、
そして2楽章では、
愛に満ちた撫でるような優しい歌から始まり、広大な世界に精神を開放(天国)、天上の音楽へと進む

ベートーヴェンの音楽はどうして突き刺さるような、心に響くものなのか、
情熱的で活発な性格で社交好きなのに、孤立し孤独に生きなければいけない
その満たされない葛藤が
音楽に生きています。

ベートーヴェンの最後のピアノソナタ32番、
本当に素晴らしい曲です。
ご来場お待ち申し上げます。

置きチケットも承ります。
よろしくお願いいたします!
[PR]

by piano-0531 | 2012-03-09 02:08 | ブログ | Comments(0)

帰路の途中に出会った子猫 

こんにちは。
雪はほとんど解けて、
少し暖かくなりましたが
今日は雨...目まぐるしいお天気が続いています。
春が近くまで来ているのですね♪

雪の日の出来事ですが、一匹の子猫に出会いました。
お母さんはいないようです。
お腹がすいているようで
パンをあげたのですがすごい勢いで食べて。
○○ちゃんはお母さんいるのに。
ねこちゃんも昔はお母さんいたのかな。
おうちに連れて帰ろう。
おいで。
○○ちゃんのおうち一緒に帰ろう。
(ペット不可ですが)
そうだ、ママ、お豆作って!
(何故お豆?元気になると思ったのでしょうか)
一時間くらい説得してました。
でも警戒しているようで心も閉ざしてしまっていて。
終いには走っていってしまい探しても見つけることが出来ませんでした。
以前坂本先生にホームレスが可哀想で相談した際に、
理恵ちゃん、そういう人たちの持っているものよく見てごらん。
タバコにお酒。理恵ちゃんがそういう人になにかを与えたところでなにもかわらない。
根本を変えない限りは。
そう言われ、よく見てみると、その通りだった。
でも野良猫は違う。
どんな理由にせよ、
人間の手によって捨てられている。

本当に残酷だとおもいます。
以前勤め先の玄関に驚くほどの猫がいて
びっくりしたら
食べ物あればなんとかなるって。
院長があげていて。

でも近所の人には食べ物をあげないよう言われてるらしく、
でもそんな見て見ぬふりは出来ない。
それは野良猫が増えたら困るって
その原因を作ったの人間なのに。

よって、いつの間にか、時間になると裏の玄関から入り、お座りして待っていて
お腹一杯になるとまた外へ。

そう言えば最近見ていないです。
新しいおうちが決まったのでしょうか。
今度聞いてみようと思います。

私の出会った子猫も
新しい家族に出会えていたらいいな♪
心配なので今日も帰りに寄ってみます。

雨で滑りやすいので、気をつけてくださいませ。
[PR]

by piano-0531 | 2012-03-02 13:46 | ブログ | Comments(0)