ピアニスト 田中理恵
トップページ プロフィール ディスコグラフィー ブログ メール

ピアニスト田中理恵 -のんびりぃ日記-

piano11.exblog.jp

ブログトップ

<   2012年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

礼子先生たちと小平の四季亭へ

今日は小平の四季亭に連れて行って頂きました。
国分寺駅からタクシーで10分くらいの場所。
広いお庭を散策しながら、春秋というお部屋へ。
ひな懐石を堪能しました。
あかりをつけましょぼんぼりに〜

先 附 桜百合根豆腐 青豆 才巻海老 土筆 花弁  山葵 旨出汁

八 寸 ひいな祭り
     ひいな香合に 春野菜鳥貝胡麻和え天蕗の薹
     春日子鯛小袖寿司 はじかみ 姫栄螺木の芽和え 蕨烏賊
菜花鮭温燻巻き 穴子山独活巻 花蓮根 花弁百合根 天豆花揚げ
   
煮物椀 清汁仕立 若竹湯葉真薯 白魚 こごみ 桜大根 花弁 木ノ芽

向 附 旬の鮮魚盛合せ あしらい一式 山葵

焼 物 桜鱒卯の花焼 相鴨筍挟み焼 うるい梅浸し

鉢 物 鯛桜蒸し 春野菜と共に 桜麩 山葵 木の芽

旬 菜 塩麹和の海鮮ブイヤベース
     オマール海老 帆立 蟹 蛤 大根 厚揚 新馬鈴薯 根三葉 九條葱

食 事 ちらし飯   香の物   留 椀

水菓子 デコポン釜季節のフルーツ 蕨餅  黒みつ

c0113713_1242131.jpg
c0113713_124933.jpg
c0113713_1235562.jpg
c0113713_1234570.jpg
c0113713_1233831.jpg
c0113713_123331.jpg


やはり和食にかなうものはないですね。
素晴らしかったです。
そしてなにより、愉快で楽しい会でずっと笑っていました。
ごちそうさまでした。
[PR]

by piano-0531 | 2012-02-29 01:30 | ブログ | Comments(0)

横浜うかい亭

c0113713_2593120.jpg

c0113713_2593121.jpg

c0113713_2593161.jpg

今日はうかい亭で披露宴の演奏をしてきました♪
ゆかさん、いつもありがとうございます(*^^*)

帰りに院長よりお団子の御裾分け。
とっても柔らかくて美味しいお団子でございました。
食べ過ぎてしまいまだお腹いっぱいです(^_^ゞ

おやすみなさい♪
[PR]

by piano-0531 | 2012-02-26 02:59 | ブログ | Comments(0)

夢が現実に☆スタインウェイが我が家へ♪

c0113713_1125499.jpg

久しぶりの日記になってしまいましたが皆様お元気にお過ごしでしょうか。
私の方は寝不足から声が枯れてしまい1週間。
今は何事もなく元気に過ごしております。
今日は穏やかで気持ちのいいお天気でしたね。

そして、ついにスタインウェイB-211が我が家へ\(^^)/
2012年2月23日、夢が現実となり、本当に嬉しいです。
昨日今日と弾かせて頂きましたが、最高のピアノです。

思えば9月5日にヴィンテージのスタインウェイに惹かれて、
偉佐男先生に翌日電話で相談させて頂きまして、アドバイス頂いて
それからすぐ釘本さんから御電話を頂きまして、
本当に運命的な流れでした。
どれか1つでも抜けていたら今のスタインウェイに出逢えていなかった。
運命を導いてくださった皆様に感謝です。
また、釘本さんには松尾楽器の治樹社長、
スタインウェイジャパンの佐藤さんを紹介して頂いて
色々な情報を頂きまして本当にありがとうございました。

また治樹社長のホロヴィッツのお話は本当に痺れるほど凄かったです!
ホロヴィッツと親しかった治樹社長のお話やお写真を拝聴、拝見して
CDを聴くと今までと違った視点からホロヴィッツを感じることができて
やはり知るって凄い☆です。
そして努力に勝る天才はいないのですね。
今まで以上に好きになりました。

運命のピアノはスタインウェイジャパンセレクションセンターで出逢いました。
第一印象、真面目ででも真面目すぎない、優しく少し色気が有りでも真面目
という素敵なピアノでした。

偉佐男先生の帰国を待ち再度伺わせて頂き♪
先生のご意見を伺う予定でおりました☆
が、弾き終えた私は、こちらにします♪
すみません先生...
でも先生も大丈夫♪というお顔をしてくださって。
安心しました☆
写真は決まったピアノの前で。
右から松尾楽器の治樹社長、私、偉佐男先生、伊知郎さん、
後ろ左から松尾楽器店長丹野さん、釘本さん
心から感謝申し上げます。

皆様本当にありがとうございました。
[PR]

by piano-0531 | 2012-02-25 01:12 | ブログ | Comments(0)

混声ラーラの皆様へ今まで本当にありがとうございました

混声ラーラの皆様、
今まで本当にありがとうございました。
音楽を通して心が繋がり
音楽を通して一緒にイマジネーションを高め、
音楽を通して緊張と解放を体感し
音楽を通して何より一緒に素敵な時間を
過ごさせて頂きました。

音楽に対して真摯な皆様と過ごす二時間は
本当にいつもあっという間で、
毎週新鮮で何より楽しかったです。
8年半一緒に居れた方も、新しい方も
ひとりひとりに出会えたこと、一緒に音楽できたこと、
心より感謝致しております。

そして礼子先生、素晴らしいピアノで
いつも支えてくださりありがとうございました。
やりたいように出来たのも、先生のピアノがあってこそです。
仕事以外でも色々お世話になり、お料理を教えて頂いたり、
色々な相談にのって頂いたり、本当にありがとうございました。
これからも私にとって大好きなお姉様でいてください。

あと、長老なべさんはじめ、辞めるにあたって戻ってこれるようにって。
色々考えてくださって、ありがとうございました。
結局完全に辞める道を選んだわけで、
だからその分、時間を大事に使いたいと思います。
皆様から頂いた愛ある御言葉を思い出して。

あと音楽は、日々を、人生を、潤わせてくれるものだと思いますので、
これからもずっと皆様と共に音楽がありますように。
そしてより健やかで、素敵な日々が送れますように。
心より願っております。

本当に長い間ありがとうございました。
[PR]

by piano-0531 | 2012-02-10 01:41 | ブログ | Comments(2)

今は悲しい気持ちより感謝の気持ちでいっぱいです。

1月31日、池の上教会にて坂本先生と最期のお別れをしてきました。
マーマーコールの方たちと
先生の大好きだったマイウェイ、
先生作詞作曲の、いつかはきっと世界はひとつ、
小原孝さんの、会えてよかったねを演奏して
それからショパンも弾かせて頂いて、少し感情的になってしまったものの、
自分の想いを伝えられて
何より音楽で先生を送ることができて本当に幸せでした。
先生のお顔は天使のようでした。
話すことも歌うこともベッドから起き上がることすらできない先生に、
それでも会えるのが幸せで、もっともっと会いたかったというのは
此方の身勝手な話でした。

「先生にとっては病院から解放されてよかったんだよ。歌が好きなのに歌えないのは辛すぎたから。」
というI氏の言葉、まさにその通りでした。
胸に沁みました。
最期のお別れまでの一週間は悲しくて悲しくてたまらなくて
気力も体力もなくなってしまい立っていられないことも度々でしたが
昨日からは少しずつ、気がしっかりしてきました。
いまは悲しい気持ちより先生への感謝の気持ちでいっぱいです。

先生のお顔をたくさん見ることができて
お礼を沢山言うことができて、
お顔を沢山触らせて頂いて、
最後に骨を拾わせて頂いて、
本当に幸せな、先生との最期の時間を過ごせたからです。
ご家族の皆様、本当に色々とありがとうございました。
これからもずっと心から先生を尊敬しています。
大好きな先生へ
本当にありがとうございました。
[PR]

by piano-0531 | 2012-02-03 01:12 | ブログ | Comments(0)