ピアニスト 田中理恵
トップページ プロフィール ディスコグラフィー ブログ メール

ピアニスト田中理恵 -のんびりぃ日記-

piano11.exblog.jp

ブログトップ

<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

池袋西武吉兆ランチ〜文子先生宅でのひととき

c0113713_7192746.jpg

c0113713_7192749.jpg

10月14日
今日のランチは、大学時代同じ門下でプラハにも一緒に行った悠と池袋西武の吉兆で。
頑張っている友人との会話はやはり心の栄養になります。
息子はスヤスヤでゆっくりお話、お食事できました。
元気と癒しと刺激をありがとう。そして悠、相変わらず美しかった〜。。
また留学中の友人からの手紙。
同じく留学中の幼なじみもそうですが、忙しくてもこういう事をいつもしてくれて、
本当に嬉しく、また本物の想いに刺激も受けました。
それから教員を目指す先輩からの電話。
非常勤のお仕事を頂いたの!!と、本当に嬉しかった!!
何とも私の周りには頑張っている人が沢山いるな〜と改めて思いました。
みんな一生懸命で素敵。
そして、先輩はじめ、頑張っている人にはちゃんと神様からご褒美が与えられている。
1日にこんなに沢山頑張っている人と接する事ができて、
まるで神様が、貴方ももっと頑張りなさい!!と言ってくださっている気がしました。
自意識過剰ですね…
とにかく本当に嬉しく、沢山の人から刺激を受けた1日でした。

10月15日
文子先生宅にお邪魔しました。
文子先生やディヒラー先生のリサイタルの録音を聴かせてもらって、心洗われるような想いでした。
モーツァルトにブラームス...どれも好きな曲ばかりで、また弾きたくなりました。
また偉佐男先生にベーゼンドルファーやプレイエルは
なぜ一音一音愛しく感じるのか聞いて、ピアノの話は尽きませんでした。
息子も終始ご機嫌♪伊知郎さんたくさん遊んでくださりありがとうございました♪
[PR]

by piano-0531 | 2010-10-16 07:19 | ブログ

役に立てる幸せ

うかい亭でご一緒した友人のフルーティスト千佳先生も今日のこと日記に書かれていて、読んだら、
友人のピアニストりーちゃん先生(私です…)の生徒さんが
「理恵先生に演奏する楽しさという魔法をかけてもらいました」
とお話されてました...
と書かれていて...。
私の方が、教えていただくことばかりですが、
お役に立てているんだ~と思うと嬉しくなりました。
音楽には終わりがありません。そして儚く消えてしまいます。
時間の芸術。
今日のうかい牛のように、でもその味は、その音は、ちゃんと記憶されます。

真の芸術を目指して
これからも精進していきたいと思います。

おやすみなさい☆
[PR]

by piano-0531 | 2010-10-07 00:33

横浜うかい亭 ランチ&デザートビュッフェ

c0113713_2224086.jpg

c0113713_225403.jpg

c0113713_2261316.jpg

c0113713_2262633.jpg

c0113713_2263887.jpg

c0113713_2265084.jpg

c0113713_227314.jpg

c0113713_2271896.jpg

c0113713_22352153.jpg

今日は中野さん(84歳の生徒さん)の素晴らしい演奏を祝して、
院長先生方とうかい亭で秋の味覚を楽しみました。
素晴らしい演奏
素晴らしい食事
耳にした時、
口にした時
あの脳に、心に響く、広がる感覚
同じですね。
人は、素晴らしいものを味わうと自然と感覚が研ぎ澄まされるのですね。

うかい亭のお奨め、ワインになる前のぶどうジュースは、
濃厚かつまろやかで、ワインのような味わいでした。
器は全て有田焼でお皿の説明迄してくださりました。
中でも、蟹のテリーヌ、フォワグラのコロッケなど素晴らしかったのですが、
やはりなんと言っても、うかい牛が絶品でした。
ここのお肉は別格です。ここでしか頂けない美味しさ!!
また美空ひばりさんも通われていたという特別室でのひとときは、
慌ただしい日常を忘れてしまいそうなほどでした。

9月末まで平日ランチ限定でデザートビュッフェも行われていて、
栗のロールケーキや巨峰のゼリー、プラムのシャーベット...とこちらも
秋を堪能しました。
c0113713_227442.jpg

[PR]

by piano-0531 | 2010-10-06 22:26 | ブログ

中尾音楽院発表会

c0113713_23423354.jpg

c0113713_23423498.jpg

c0113713_23423485.jpg

発表会無事終わりました。中尾音楽院の皆様お疲れ様でした。
本当にみなさん輝いてました!
一生懸命ってやはりいいですね。
84歳の生徒さんもたくさんのファンの方が見えて、
その期待に応えられていて、いい音を響かせていました。素晴らしかったです。
私は…二台ピアノ(シューマンコンチェルト)は綾美さんが支えてくださり、
短い準備期間ながらも楽しく弾けました。ありがとうございました。
ソロ(アンダンテスピアナートと華麗なるポロネーズ)は終わった後、
院長先生が涙ながらによかった〜。と言ってくださり。
院長先生には本当にお世話になっていて、弾きながら院長先生のこと想っていたので、
その気持ちが音を通じて伝わったのかな。と思うと嬉しくなりました。

こうして音楽活動を続けられることに感謝の気持ちでいっぱいです。
また演奏できることが幸せです。
今日は打ち上げは出ずにお家ごはん。
冷蔵庫にあったお野菜、お肉で即席ごはんでしたが、
本番後のお食事は最高でした。
豚肉、ニラ、椎茸、ピーマン入り塩焼きそば、サラダ、餃子。
食後のハーゲンダッツ(キャメルマキアート)も美味しかった〜。

本番の日は脳が興奮してしまっていて、寝るのに時間がかかるので、お片付けしてから寝ます。

皆様おやすみなさい☆
[PR]

by piano-0531 | 2010-10-03 23:42 | ブログ

まーちゃんとモーツァルトのピアノコンチェルトを弾く84歳

c0113713_2454010.jpg

c0113713_2454036.jpg

今日は生徒のまーちゃんがレッスン後またお顔見せてくれたので、忘れ物したの?と聞くと、これどうぞ。って。
まだ本調子でない息子の為に、冷えピタとアクエリアスとドーナツを買ってきてくれたのでした。
食欲がないって言ってたから、でもドーナツなら食べれるかな。先生の分もあるよ。って。
あまりの優しさにうるうるしてしまいました。
まーちゃんありがとう。おかげでとても良くなり、熱も下がりました。

明日はついに発表会!!
みんな本当に熱心に頑張っているのですが、特に最年長84歳の生徒さんは凄い。
モーツァルトのピアノコンチェルト第21番2楽章を二台ピアノを演奏します。
去年はショパンのエチュード25-1に別れの曲。
抜粋でも編曲されたものでもなく、楽譜通りです。
84歳がエチュード!?って…、薦めたのは私です(笑)
私自身、25-1を弾いて呼吸と脱力をより体感できたので。
何度も一緒に弾いているうちに、先生わかりました!!って。
次第に柔らかい音色も出るようになり、別れの曲も弾きたいと。
その生徒さんと、先日クレモニアで合わせをしたのですが、
コンサートグランドとホールの響きに夢のようだ〜と涙ながら喜んでくださり
その姿を見ていると私まで幸せな気持ちになりました。
人生に喜びに成長に芸術に、終わりはないのですね。
私もいくつになっても、追い求めていたいです。

その為にも体力は大事ですね。
84歳の生徒さんは、腕立て、腹筋、ウォーキングと
毎日の積み重ねあってのお身体のようです。

すごい人はやはり見えない努力をしているのですね。
明日はどんな演奏をしてくださるのか、とっても楽しみです。
10時開演、場所は南大沢文化会館です。私も二台ピアノにソロに講師演奏頑張ります。

おやすみなさい☆
[PR]

by piano-0531 | 2010-10-03 02:45 | ブログ

荻窪クレモニア

c0113713_23305554.jpg

c0113713_23305598.jpg

最近本番など続き、子供を保育園に預けることが多かったから?
それともお天気の移り変わりの激しさから?
子供が体調を崩してしまいました。
特に夜咳で目覚めて泣きながら訴えてくるその様子は可哀想でならなくて、
何度ももらい泣きしてしまいました。
一生懸命、気持ちを読み取ろうと色々声をかけたけれど、ぎゅっと抱き締めて、
カンガルーケア(胸にのせる)が一番で、そうするといつの間にか寝てくれて。
お腹の中にいた時から聴いている心臓の音、肌の温もりに安心するのでしょうね。
私も眠いはずなのに、それより幸せでした。

今日は熱も下がりよく寝てくれているので、こうして日記も更新中。
スタジオに練習に行きたいけれど、もう少し様子を見てから。
写真は久しぶりに相模原の千代田セレモニーでトリオ演奏したときのもの。
以前は私が一番年下だったのに、いつの間にか院長にベテランですと紹介されてしまった(笑)
院長=中尾音楽院の院長先生。
人間味のある女社長で、学生の時からお世話になっていて、とってもパワフルなお方。
お話すると、モチベーションも上がり、頑張る気持ちが湧いてきます。
今週末はその中尾音楽院の発表会。
今回は講師演奏で二台ピアノを頼まれたので、今日綾美さんと荻窪クレモニアへ行ってきました。
クレモニアは46畳のホールにカワイとヤマハのCFが入っていて、最近ご贔屓にしている練習場です。
綾美さんとは、綾美さんが留学するときに学生だった私が合唱団のピアノを引き継いだのが縁で、
以来、私もよくお仕事をお願いしています。
今回は、お互い弾いたことのあるシューマンのピアノコンチェルト。
私はファーストです。
音楽の方向性や表現の仕方、頂点にいくまでの過ごし方?など話し合え、有意義な練習ができました。

長くなりましたが…読んでくださりありがとうございました。
素敵な夢を。おやすみなさい☆☆
[PR]

by piano-0531 | 2010-10-01 23:30 | Comments(0)