ピアニスト 田中理恵
トップページ プロフィール ディスコグラフィー ブログ メール

ピアニスト田中理恵 -のんびりぃ日記-

piano11.exblog.jp

ブログトップ

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

真剣に伝えること

c0113713_12162871.jpg

こんにちは。
昨日はジョイントで少し早いクリスマスコンサート。
曲目は少し軽めかな。いや、クラシックを聴かせたい!

クラシックが必ずしもという訳ではないけれど、
今回はクラシックにして本当によかったと思いました。

また真剣に伝えることを怖れなければ伝わることを感じ、学びました。
相手の立場に立ちつつも、
常に自分がやるべきことを冷静に判断できることもこれから大事にしていきます。
今日は移動が多い一日。
でもいいお天気で、さわやかな気分。
元気に頑張れそうです。(^o^)/
皆様にとって今日もいい一日になりますように☆

コンサート前の控え室にて☆☆
[PR]

by piano-0531 | 2007-12-14 12:16

贅沢〜な今日この頃

先週、先生のお宅でご馳走になったちらし寿司!美味しかったです♪
シャリとネタは美しいハーモニーを奏でていました。
きれいにハモってた!(合唱風)
そしたら昨日ある方に、築地の市場で並んで買ったというプチプチの
いくらを頂きました〜。ということで、私もチャレンジ(^o^)
お魚おろして、あとはご飯にのせました。
ハーモニーまでは奏でられませんでしたが(^^;)
いくらのおかげで美味しい夕食になりました。
3杯も食べちゃった(*^_^*)
ありがとうございました。

また先週末はホテルオークラで仕事でもプライベートでもお世話になっている
ヴァイオリニストの結婚式に出席。いつもに増して輝いていて、素敵でした。
私は彼女の希望でショパンを♪♪
さすがに緊張しました〜リサイタルよりも...です。
そして緊張から激しい頭痛に襲われましたが、弾き出してからは
治っていました(^^;)演奏も力抜けてたし集中途切れなかったし
何より喜んでくださったのでよかったです。
CD買います〜とわざわざ来てくださった親戚の方もいました。

食事は桃花林。フカヒレの姿煮にエビチリに鮑に...。
隣の席の妊婦さんは、鮑を食べるとキレイな目をした子供が産まれるらしいの〜
って喜んでました。本当の話だったら、今から鮑貯金(笑)なんてね。

美味しいお食事に、幸せいっぱいの新郎新婦のおかげで
私も幸せな気分です〜。
木曜は本番なので、仕事の合間にしっかり備えます〜。

c0113713_11123152.jpgc0113713_11124465.jpgc0113713_1122257.jpgc0113713_1124561.jpg
c0113713_11284991.jpg

[PR]

by piano-0531 | 2007-12-12 00:13

サンシャインクルーズ・クルーズ

 今日は幼なじみとサンシャインクルーズ・クルーズでランチ。
58階からの展望もなかなかでした☆
お料理はもちろん、デザートの種類が豊富で、クロスダイン
(メトロポリタンホテル)の3倍近く。
総合的にみると、ん〜〜(^_-)
久しぶりの再会に、食事より会話に夢中の2人でしたが(^^;)
 彼女のことは3歳から知っていて(今も昔も変わらず本当素敵な友達です)
ピアノの先生も一緒でした。
お父様の転勤で、中学にあがる前に離れてしまったけれど、
文通でお互いの近況を報告してた。
今も大事にとってあるけれど、数え切れないほどたくさん。

そして彼女も音大へ。
音大志望と合格の知らせを聞いた時は本当に嬉しかった。
そして今。
音楽をかけがえのないものと考え、共に勉強中。

何かに打ち込んでいるこういう仲間と一緒にいる時間は
とても心地よく気持ちがいい。これからも共に頑張っていこうね♪c0113713_3592777.jpgc0113713_3594239.jpg
c0113713_3595394.jpg

[PR]

by piano-0531 | 2007-12-06 04:09

『恐れを知らぬ川上音二郎一座』

師走の寒風が身にしみますね。
いかがお過ごしでしょうか。

一昨日は日比谷にできた新しい劇場「シアタークリエ」のこけら落とし公演
「恐れを知らぬ川上音二郎一座」(三谷幸喜作・演出)を母と観劇してきました。
前売り券は抽選で即完売という貴重な券は、友人からの頂き物。
ありがとうございました。\(*^。^*)/

物語内容は〜ボストンの街で、なんとたった一晩の稽古で日本版『ヴェニスの商人』
をでっち上げてしまう。観客は外人だからと台詞もでたらめ。〜この驚愕の
ボストン公演(実話)のエピソードを基に、明治の破天荒な演劇人川上音次郎と、
彼の妻で日本の女優第一号となった貞との夫婦愛を描く、愛と勇気と喝采の物語。
キャストはユースケサンタマリア、常盤貴子、堺正章、戸田恵子、境雅人。
他にも独特な味の浅野和之、強烈な東北弁堀内敬子、独自の空気の小林隆、
強烈キャラ瀬戸カトリーヌとインパクト強いの何の。一人残らず覚えています。

感想は想像以上に素晴らしく
三谷さんの演出はとにかく素晴らしい。天才だと思います。
面白すぎて終始笑いが止まらない。その中にも感動あり。
幕間入れて3時間半のお芝居でしたが、あっという間。最高でした!
席は前から11列目。時に役者が客席扉から...。
目と鼻の先の距離で見られた〜。ラッキー☆
演じる役者もまた凄い。中でも一人で何役もこなし演じきっていたまちゃあきの
あの体力は一体どこから...。
また、三谷さんは先に役者を決められてから脚本書かれているのだろうか。
と思ってしまう程、みんなはまり役。

みんなでつくりあげるってやはり素晴らしい。
流れや間も絶妙。心地よかった〜。(*^^*)
舞台と客席が一つに...
音楽と同じですね。ライブならではですね。
楽しい中にも学ぶこといっぱい。
学べることは楽しいです。

左より劇場前ポスター、幕間中に食べたお弁当。観劇前に帝国ホテルで母とカフェ。
c0113713_9543080.jpgc0113713_9545154.jpgc0113713_9555074.jpgc0113713_956132.jpg
[PR]

by piano-0531 | 2007-12-02 14:26 | ブログ